ときがわ町

ときがわ町の産業廃棄物回収、設備解体、鉄スクラップ買取

オフィス・工場にて発生する産業廃棄物の処理・運搬はぜひ当社にお任せください。埼玉県ときがわ町の店舗、建設現場など多様なご要望に対応できる体制作りを行っています。今までの業者からお断りされてしまった内容もお気軽にご相談ください。また、鉄スクラップ買取や設備解体工事も受けたまわります。

鉄・スクラップ持ち込みのお客様へ

鉄・スクラップを直接お持ち込みの場合は、「埼玉県熊谷市」へのお持込みとなります。

あらかじめご連絡の上(TEL:048-521-6356)お持込みください。

  • 本社〒360-0005 埼玉県熊谷市今井1106番地 
    map
  • メタルサイト〒360-0005 埼玉県熊谷市御稜威ヶ原(みいずがはら)673-2番地  map

多数の収集事例の中の一部を掲載!!

埼玉県ときがわ町内においての事例(鉄くず買取・鉄スクラップ回収・収集・引取)を一部ご紹介。

安全・安心な処理によって環境を守ります。

多様なニーズをお持ちのお客様にお応えすべく、産業廃棄物収集運搬の事業活動をときがわエリアで行うための認可を取得しております。法令や条例を遵守し、適正処理を通じて自然環境の保護にも推進していきます。また、鉄くず買い取りから設備解体工事までお任せください。スピーディーかつ手厚い対応を心がけております。

  • 回収車産業廃棄物工場や事業所などから出るプラスチックやガラスくず、木くず、廃油や汚泥等を収集・運搬致します。
  • 感染性廃棄物収集用車両特別管理産業廃棄物・医療廃棄物爆発性・毒性がある有害な廃棄物、感染性廃棄物は当社が安全に引取り・処理致します。
  • 解体工事設備解体工事・プラント解体工事現場や工場などで使った大型機械の撤去や移設、各種プラント設備の運搬・解体はおまかせください。撤去後の据え付け工事もトータルで受け付けます。
  • 鉄くず鉄くず・非鉄金属スクラップ買取金属加工時の鉄くず(切粉・ギロチン材等)や不用になったモーターやトランスなども買い取り・運搬致します!

こんなお悩みがございましたら、当社にご相談下さい!!

  • 廃油・廃塗料、不要になったパレット、残った汚泥を処分して欲しい。
  • 金属加工後に残った破片・研磨くず、切削くずなどを処分できる業者を探している。
  • 要らなくなった大型機械を撤去、解体してほしい。
  • 鉄やステンレス・銅・アルミ等、非鉄金属スクラップを買取りしてほしい。
  • 農機具、被覆線などの不用になったものを売却処分したい。

このようなお困りごとを当社が解決致します。まずはお気軽にご相談下さい!!

ご相談から産業廃棄物収集運搬までの手順

  1. ご依頼・お申し込みstep1ときがわ町のお客様のお申込みはお問合わせフォームまたはお電話で受付けております。お申込みの際に訪問希望日をお申し付けください。
  2. 契約取決めその2合意いただけるお見積りになりましたら、ご契約となります。あらかじめ処分場の見学をご希望の方はお申し付けください。
  3. 作業着手その3小林茂商店の職員がお伺いし、引き取り致します。マニフェスト伝票と一緒に処分場へ搬入します。追跡写真、立会等も行うことができます。

ときがわ町地域のトリビア

ときがわ町内どこでも設備解体・産業廃棄物収集運搬に対応しております!
  • 大附
  • 大野
  • 椚平
  • 雲河原
  • 五明
  • 関堀
  • 瀬戸元上
  • 田黒
  • 田中
  • 玉川
  • 西平
  • 番匠
  • 馬場
  • 日影
  • 別所
  • 本郷
  • 桃木

ときがわ町(ときがわまち)は、埼玉県中部にある人口約1万3千人の町です。2006年2月1日に比企郡玉川村と比企郡都幾川村が合併して成立しました。町名の由来は、両村内を流れる都幾川から因むと言われていますが、、漢字では難読なため、他から来た人からもわかるようにひらがなにしました。ときがわ町星と緑の創造センターの堂平観測所ドームは、昭和37年以来「堂平観測所」として日本の天文学を支えてきた施設です。平成12年にときがわ町に移管され、現在ではリニューアルされ、宿泊ができ、月2回の観望会も行われています。また、モンゴル式テントは4棟あり、大人なら4~6名位が宿泊できます。天井はアクリル板で、晴れた日の夜は星空を眺めながら横になることができます。

PAGE TOP