川越市

川越市の産業廃棄物回収、設備解体、鉄スクラップ買取

工場や店舗の運営で発生した産業廃棄物の処理・運搬はぜひお任せください。埼玉県川越市の建設現場やオフィス等、柔軟にご要望に応えるため体制作りに取り組んでいます。ほかの業者にお断りされた内容もご相談ください。また不要になった、鉄スクラップの買取や設備解体工事も行っています。

鉄・スクラップ持ち込みのお客様へ

鉄・スクラップを直接お持ち込みの場合は、「埼玉県熊谷市」へのお持込みとなります。

あらかじめご連絡の上(TEL:048-521-6356)お持込みください。

  • 本社〒360-0005 埼玉県熊谷市今井1106番地 
    map
  • メタルサイト〒360-0005 埼玉県熊谷市御稜威ヶ原(みいずがはら)673-2番地  map

受けたまわった収集事例はこちら

埼玉県川越市内の鉄スクラップ回収・収集、鉄くず買取・引取事例の一部をご紹介致します!

  • ブログ画像【03/25】事例紹介~古紙~こんにちは、クロモラッツです。花粉の症状が限界に達し、今年は処方箋を常用しております。副作用なのか、最近はもうすこぶる寝つきが良いのですが、一方でどうにも寝起きがすっきりしません。どちら...

的確な処理によって、安心・安全に環境を守ります。

お客様の幅広いニーズにお応えするため、産業廃棄物収集運搬の事業活動を川越エリアで行うための認可を取得しております。法令や条例を遵守し、適正処理を通じて自然環境の保全にも貢献してまいります。また、鉄くず買い取りから設備解体工事までお任せください。迅速・丁寧な対応を心がけております。

  • 回収車産業廃棄物工場や事業所などから出るプラスチックやガラスくず、木くず、廃油や汚泥等を収集・運搬致します。
  • 感染性廃棄物収集用バン特別管理産業廃棄物・医療廃棄物有害性の高い特別管理産業廃棄物、医療施設より排出される医療・感染性廃棄物も安全に引取り・処理。
  • 解体工事設備解体工事・プラント解体各種プラント設備の運搬・解体、大型機械の撤去や移設はおまかせください。撤去後の据え付け工事も一括して承ります。
  • 鉄屑鉄くず・非鉄金属スクラップ買取不用になったモーター、トランスや金属加工時の鉄くず(切粉・ギロチン材等)なども買い取り・運搬致します!

こんなお悩みがございましたら、当社にご相談下さい!!

  • 作業後に残ったコンクリくず・石膏ボード塗料などを処分して欲しい。
  • 安心して廃油や廃プラスチック類の処分を任せられる業者を探している。
  • 要らなくなった大型機械を撤去、解体してほしい。
  • 鉄や非鉄金属(銅・アルミ・ステンレス)スクラップを買取りしてほしい。
  • 被覆線や農機具など不用品を売却処分したい。

このようなお困りごとを当社が解決致します。まずはお気軽にご相談下さい!!

お申込みから産業廃棄物収集運搬までのプロセス

  1. お問合わせステップ1川越市のお客様のお申込みはお問合わせフォームまたはお電話で受付けております。お申込みの際に訪問希望日をお申し付けください。
  2. 契約取結びその2ご提出のお見積にご納得いただけましたら、ご契約となります。処分場の事前見学をご希望の方はお申し付けください。
  3. 作業着手ステップ3小林茂商店の職員がお伺いし、引き取り致します。マニフェスト伝票と一緒に処分場へ搬入します。追跡写真、立会等も行うことができます。

川越市エリアの豆知識

川越市内どこでも設備解体・産業廃棄物収集運搬に対応しております!
  • 安比奈新田
  • 青柳
  • 旭町
  • 天沼新田
  • 新宿
  • 新宿町
  • 池辺
  • 伊佐沼
  • 石田
  • 石原町
  • 泉町
  • 伊勢原町
  • 稲荷町
  • 今泉
  • 今成
  • 今福
  • 牛子
  • 上戸
  • 上戸新町
  • 扇河岸
  • 大仙波
  • 大塚
  • 大塚新田
  • 大手町
  • 大中居
  • 大袋
  • 大袋新田
  • 小ケ谷
  • 御成町
  • 萱沼
  • 笠幡
  • かし野台
  • 霞ケ関東
  • 霞ケ関北
  • かすみ野
  • 上老袋
  • 上新河岸
  • 上寺山
  • 上野田町
  • 上松原
  • 鴨田
  • 川越
  • 川鶴
  • かわつる三芳野

川越市(かわごえし)は、埼玉県南西部に位置する人口約34.5万人の市です。埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぎ県内3位の人口を擁しています。江戸時代には親藩の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持ちます。地名の由来は、「川を越える」の意で、川は入間川を指し、西から東へ開けていったことを示すと言われています。「小江戸川越」は、時の鐘の音色を聴きながら蔵の街をそぞろ歩きし、江戸の昔を感じることができます。また、川越城本丸御殿は、江戸時代には江戸の北の守りとして重要視され、代々幕府の重臣が城主となっていました。現存する建物は嘉永元年(1848)に建てられたもので、本丸御殿の一部として玄関・大広間・家老詰所が残り、川越藩17万石の風格をしのばせています。

PAGE TOP