建設会社から排出されたガラス陶磁器くず

出張地域

埼玉県小川町

お客様の業種

建設会社

提供サービス

  • 金属くず
  • 廃プラスチック
  • ガラス陶磁器くず

引取品目

ガラス陶磁器くず

スタッフから一言

こんにちは、営業部の大内の大内です。今回は建設会社から排出された産業廃棄物について御紹介致します。

物は配管などの保温材に使われるグラスウールです。今回お客様の会社では配管の更新工事をした時に排出された物で御相談頂きました。下見に伺うとグラスウールだけではなく金属の配管や塩ビの配管などもございました。処分場に相談するとガラス陶磁器くず、金属くず、廃プラスチック類の混合廃棄物として処理が可能と返答頂きました。グラスウールはガラス陶磁器扱いになりました。

引取り時は8tアームロール車で伺いました。16立米のコンテナを現場に設置してお客様のに廃棄物入れて頂いて後日回収致しました。

当社では様々な産業廃棄物に対応する中でグラスウールやガラスといったガラス陶磁器くずにも対応しております。また今回の様に工事現場から排出された廃棄物の様な分別が難しい物は、混合廃棄物として処理も可能です。産業廃棄物の事でお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽に御相談下さい。

お客様の声

助かりました。


よろしければシェアお願いします

2020年4月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP