倉庫から排出された廃プラスチック類

出張地域

埼玉県久喜市

お客様の業種

リフォーム会社

提供サービス

  • 廃プラスチック

引取品目

廃プラスチック類

スタッフから一言

こんにちは、営業部の大内です。今回は倉庫の片付けに伴って排出された産業廃棄物を御紹介致します。

今回新型ウイルスの流行によって現場が中止になり、現場再開までに倉庫の片付けをしたいと御相談頂きました。物は、養生ビニールや発泡スチロール、土嚢袋に入った雑多な廃棄物、木くずなどです。下見に伺うと全体で16立米くらいで、廃プラスチック類8立米、木くず8立米くらいございました。当社では廃プラスチック類と木くずが混ざった状態でも処理は可能です。ですが今回、混合廃棄物として処理するよりも廃プラスチック類と木くずで分けた方が費用が抑えられそうでしたので、お客様にご説明して分別をして2回に分けて実施する事になりました。

引き取り時は4tアームロール車で伺いました。事前に設置したコンテナに1回目は廃プラスチック類を入れて頂きコンテナを差し替え、後日木くずを入れて頂いたコンテナを撤去して無事終了致しました。引き取り後、混合廃棄物で処理するより費用が抑えられてお客様も喜んでおられました。

産業廃棄物の処理でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽に御相談下さい。

お客様の声

助かりました。


よろしければシェアお願いします

2020年7月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP