事例紹介~スレート、石綿管~

こんばんは、クロモラッツです。

本日は比企郡滑川町の企業様より、スレートを処分したいとのお問い合わせがありまして下見に行って参りました。

こちらは雪の影響で雨漏りがひどくなった倉庫の屋根を改修工事した際の残材とのことです。

一般的な波板状のスレートに加えて、継ぎ手状の石綿管も多数ございました。

石綿は「アスベスト」とも表現されます。一時期ニュースを賑わすことも多かったように、ずさんな取り扱いをすると、呼吸器を中心とした人体に重大な悪影響を及ぼします。

お客様も「修理屋が持っていってくれなくて、置いておくのも気持ちが悪かった」とのことでご依頼を頂きました。

お客様に気持ちの良い環境をいち早くご提供できるように、迅速に対応したいと思いますbody_stretch.gifbody_stretch.gif

それでは、今回はこの辺でnezumi02.gif


よろしければシェアお願いします

2016年4月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP