研究施設より排出された廃棄物

出張地域

埼玉県加須市

お客様の業種

製造業

提供サービス

  • 金属くず
  • 産業廃棄物
  • ガラス陶磁器くず

引取品目

廃プラスチック類 ガラス陶磁器くず 金属くず

スタッフから一言

こんにちは、営業部の関口です。

今回ご紹介させていただきます事例は、研究施設より排出された廃棄物になります。物は、蛍光管です。品目は、廃プラスチック類、ガラス陶磁器くず、金属くずになります。頂いたご相談内容は、こちらのお客様の研究施設で照明として使われていた蛍光管を処理したいという御相談を頂きました。実際に下見に伺うと廃棄物は倉庫の中に入っており直管型の蛍光管が約600本ほどございました。お客様の話ですと一斉に照明をLEDに変えたという事もありかなりの物量の物量の蛍光管をまとめて処理したいとの事でした。当社にてまとめて処理できるとお伝えするとお喜びの様子でした。

当社では、今回のお客様の様な廃棄物の処理も行っております。蛍光管は水銀使用製品産業廃棄物に該当するため他の産業廃棄物とはまとめて処理することはできません。当社では、そういった水銀使用製品産業などの処理ルートも確立しておりますので処理にお困りの物がございましたらお気軽にメール、お電話にてお問い合わせください。

お客様の声

何とかなりませんかね


よろしければシェアお願いします

2022年5月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP