事例紹介~コンプレッサー撤去~

こんばんは、クロモラッツです。

今回は機械撤去の事例紹介をさせて頂きます。

日頃より廃棄物やスクラップの回収を実施させて頂いておりますお客様より、

「2Fのベランダに使わないコンプレッサーがあるんだけど、サイズに対して出入口が狭くてどの業者さんも機械屋さんもお手上げで困っている」とのお問合せがありお邪魔いたしました。

1枚目の写真の場所に、もともとは長さ1800mm、奥行き800mm、高さ1200mmのコンプレッサーが設置されておりました。

その建物の構造上、そのまま道路側へ出すことが出来ず、一度屋内に戻して移動させる必要があるのですが、途中通過する扉の幅700mmという狭さ。また厳しい衛生管理が敷かれている製造ラインのすぐそばを通る必要があるということでいささか苦慮いたしましたが・・・。

その場でフロンガスを回収・充填し、筐体部分はその場で解体、フレコンやブルーシートに封入し、ホコリや汚れの飛散が無い状態にして移動させるという方法を採用しました。

最後は当社のユニック車を使用して、安全に解体・撤去・積込を終了することが出来ましたshine.gif

お客様も大変お喜びのご様子でしたshine.gifshine.gif

ほかの業者さんが手を上げたような難しい案件でも、まずは小林茂商店までご相談下さい!!

それでは、今回はこの辺でnezumi02.gif


よろしければシェアお願いします

2016年6月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP