さいたま市見沼区

見沼区 機械撤去・設備解体工事・鉄スクラップ買取

工場など企業運営にて発生する産業廃棄物の処理・運搬は当社にお任せ下さい。埼玉県さいたま市見沼区の建設現場、店舗など各種ご要望にお応えすべく体制作りに取り組んでおります。別の業者にお断りされた内容もご相談下さい。また設備解体工事や不要な機械類・鉄スクラップ買取も承ります。

鉄・スクラップ持ち込みのお客様へ

鉄・スクラップを直接お持ち込みの場合は、「埼玉県熊谷市」へのお持込みとなります。

あらかじめご連絡の上(TEL:048-521-6356)お持込みください。

  • 本社〒360-0005 埼玉県熊谷市今井1106番地 
    map
  • メタルサイト〒360-0005 埼玉県熊谷市御稜威ヶ原(みいずがはら)673-2番地  map

お客様からご依頼いただいた収集事例の一部をピックアップ!!

埼玉県さいたま市見沼区内の鉄スクラップ回収・収集、鉄くず買取・引取事例の一部をご紹介致します!

    安心・安全な処理により環境を守ります。

    多様なニーズをお持ちのお客様にお応えすべく、産業廃棄物収集運搬の事業活動を見沼エリアで行うための認可を取得しております。法令や条例を遵守し、適正処理を通じて自然環境の保護にも推進していきます。また、鉄くず買い取りから設備解体工事までお任せください。スピーディーかつ手厚い対応を心がけております。

    • 回収車産業廃棄物工場・オフィスで発生した不要なダンボール・紙ごみ・木くず、廃油・汚泥等を収集・運搬致します。
    • 感染性廃棄物収集用車両特別管理産業廃棄物・医療廃棄物爆発性・毒性がある有害な廃棄物、感染性廃棄物は当社が安全に引取り・処理致します。
    • 解体設備解体工事・プラント解体各種プラント設備の運搬・解体、大型機械の撤去や移設はおまかせください。撤去後の据え付け工事も一括して承ります。
    • 鉄くず鉄くず・非鉄金属スクラップ買取不用になったモーター、トランスや金属加工時の鉄くず(切粉・ギロチン材等)なども買い取り・運搬致します!

    ご相談から産業廃棄物収集運搬までの手順

    1. お問合わせステップ1さいたま市見沼区のお客様のお申込みはお問合わせフォームまたはお電話で受付けております。お申込みの際に訪問希望日をお申し付けください。
    2. 契約締結その2合意いただけるお見積りになりましたら、ご契約となります。あらかじめ処分場の見学をご希望の方はお申し付けください。
    3. 作業開始ステップ3弊社のスタッフが引き取りにお伺いします。マニフェスト伝票と一緒に処分場へ搬入します。立会、追跡写真等も承っております。

    こんなことでお困りなら当社にお任せ下さい!!

    • 作業後に残ったコンクリくず・石膏ボード塗料などを処分して欲しい。
    • 安心して廃油や廃プラスチック類の処分を任せられる業者を探している。
    • 要らなくなった大型機械を撤去、解体してほしい。
    • 鉄やステンレス・銅・アルミ等、非鉄金属スクラップを買取りしてほしい。
    • 農機具、被覆線などの不用になったものを売却処分したい。

    このようなお困りごとを当社が解決致します。まずはお気軽にご相談下さい!!

    さいたま市見沼区エリアの豆知識

    さいたま市見沼区内どこでも設備解体・産業廃棄物収集運搬に対応しております!
    • 大谷
    • 大和田町
    • 卸町
    • 加田屋
    • 片柳
    • 上山口新田
    • 小深作
    • 笹丸
    • 島町
    • 新右エ門新田
    • 砂町
    • 染谷
    • 中川
    • 新堤
    • 西山新田
    • 西山村新田
    • 蓮沼
    • 春岡
    • 春野
    • 東新井
    • 東大宮
    • 東宮下
    • 東門前
    • 膝子
    • 深作
    • 風渡野
    • 堀崎町
    • 丸ケ崎
    • 御蔵
    • 南中野
    • 南中丸
    • 宮ケ谷塔
    • 見山

    見沼区は、さいたま市を構成する10区のうちの一つで、同市の北東部に位置し、旧大宮市東部にあたり、人口は約16万人です。地名の由来は、2003年、さいたま市の政令指定都市移行に伴い誕生、同市の北東部に位置し、かつてさいたま市と川口市にかけて存在した大きな沼(灌漑用溜池)見沼に因んでいます。見沼自然公園は、東京ドームの面積の約2.3倍もある、とっても広い公園です。小さな島のある修景池と、公園奥にウッドデッキが通された自然観察園とトンボの池と野鳥の池、他には広い芝生広場とゲートボール場があります。広大な芝生広場でピクニックをしたり、園内の池では蓮の花などの水生植物や水鳥など水辺の生き物をじっくり観察したりして過ごすことができ、人と自然との触れ合いの場として、多くの人々に親しまれてます。

    PAGE TOP