スレート屋根の解体運搬処理

  • IMG_0436

出張地域

埼玉県和光市

お客様の業種

農業

提供サービス

  • がれき類

引取品目

スレート屋根

スタッフから一言

こんにちは!営業部の竹井です!

今回はスレート屋根の解体から処理までです。農家の倉庫の屋根が古いスレート屋根で、そちらの解体をさせて頂きました。スレート屋根はとても頑丈で昔からかなり使われていました。しかし、昔のスレート屋根は「アスベスト」が入ってました。アスベスト付きのスレート屋根は特殊で産廃での名称は「石綿含有産業廃棄物」です。また廃棄する際も一手間必要です。

当社では安全に作業する為に、地面にブルーシートを敷いてアスベストを散らさないようにします。又、アスベスト付きのスレート屋根を廃棄する際は専用のフレキシブルコンテナをしようします。そしてブルーシートはアスベストが付着していますので「石綿含有廃棄物」として処理を致します。今回の物量は少なかったですが、多量の場合は事前協議というのが必要になります。今後もアスベスト付きのスレート屋根はかなり出るかと思います。廃棄をする際はしっかりアスベストが付着しているかを確認し廃棄をしなければなりません。当社では一貫して解体運搬を行っております。気軽に御相談下さい。

営業部 竹井

お客様の声

「解体から運搬までできますか?」


よろしければシェアお願いします

2019年3月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP