事務所閉鎖に伴った片付けゴミ

出張地域

埼玉県久喜市

お客様の業種

住宅設備販売業

提供サービス

  • 金属くず
  • 産業廃棄物
  • 廃プラスチック
  • ガラス陶磁器くず

引取品目

廃プラスチック類、ガラス陶磁器くず、金属くず、古紙

スタッフから一言

こんにちは、営業部の黒須です。

今回は事務所閉鎖に伴った片付けに関する案件をご紹介したいと思います。

駅前ビルに営業所を構えている企業様より、事務所の移転に伴ってテナントをスケルトンにする必要があり、不要となる什器や備品を片付けて欲しいとのご相談を頂戴しました。

現状確認のために下見におじゃましますと、たしかに書庫や棚の中身が取り出され、引っ越し作業真っ最中といった状況でした。

お客様ご担当者様と、新しい事務所へ移動させる必要品と廃棄となる不要品の区分け・確認をし、お客様とビル管理会社様と日程を調整し、実施の運びとなりました。

同じ階のテナントの利用者様に迷惑の無いように注意しつつ作業を進め、約半日で最終的に壁紙のクロスとタイルカーペットだけを残して、すべての不要品を搬出することが出来ました。

当社はただトラックで運搬するだけが仕事ではありません。

必要に応じて、重機を使用したり、人海戦術での搬出作業等にも対応いたします。

皆様もお気軽にお問合せ下さい。

お客様の声

「内装の戻しの日程もあるので、早くに対応してくれて助かりました」


よろしければシェアお願いします

2019年4月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP