試験設備撤去に伴う廃棄物

出張地域

埼玉県狭山市

お客様の業種

製造業

引取品目

恒温槽 赤外線電球

スタッフから一言

こんにちは、営業部の大澤です。

今回ご紹介させていただきます事例は、試験設備撤去に伴い、排出されました、赤外線電球の処理、恒温槽の処理、フロンガス回収破壊についてです。

試験設備の撤去に伴って、その設備に装着されていました赤外線電球の処理など
をおこないました。設備は赤外線を照射し、耐久を検査する恒温槽でして、槽内の天井に赤外線電球が30個ほどついておりました。恒温槽をお客様工場内より撤去し、25tのラフターにて当社10t車低床に積み込みをしました。槽自体は4t弱ありました。

電球を1つずつ外し、すべて段ボールに梱包して、廃プラスチック類、ガラス陶磁器くず、金属くずの品目で産廃処理をいたしました。槽自体も混合廃棄物としてそのまま処分場へ走り、処理をおねがいいたしました。また、恒温槽ですので、フロンガスが使用されておりましたので、もちろんこちらも当社の人間がガス回収をして、破壊施設へと運搬しました。

このように1つの設備に色々な廃棄物は使用されていることもありますので、対応品目の多い当社ですべて対応することが出来ました。

 

お客様の声

こうやって撤去するんですね!


よろしければシェアお願いします

2019年6月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP