塗料会社から排出された廃油

出張地域

埼玉県熊谷市

お客様の業種

塗料会社

提供サービス

  • 引火性廃油
  • 廃油

引取品目

廃油

スタッフから一言

こんにちは。営業部の大内です。今回は塗料会社から排出された産業廃棄物についてご紹介致します。

物は塗料を生産するために使う原料の塗料が入っていた一斗缶で、中身が少し残っており一斗缶の蓋が閉まっており固まっていない液体でした。

お客様は産業廃棄物としての処理、もしくはスクラップとして処理が可能かと御相談頂きました。スクラップとしての買取は塗料が乾燥していて、逆さにしても垂れなければ買取は可能です。また中の塗料が乾かずに残っている場合は廃油または引火性廃油として処理することになります。今回中身が液体で残っており固まらすのが難しいということで、お客様と話し合い産業廃棄物として処理することになりました。

当社では、様々な産業廃棄物を取り扱う中で塗料などの廃油にも対応しております。廃油の中には引火性、毒性のある特別管理産業廃棄物もあります。もし、特別管理産業廃棄物でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽に御相談ください。

また、他の産業廃棄物でお困りの方も、お気軽に御相談ください。

お客様の声

引火性廃油になるんんですね。


よろしければシェアお願いします

2019年7月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP