建築工事より排出される蛍光管の引き取り

出張地域

埼玉県鴻巣市

お客様の業種

建築工事会社

提供サービス

  • 金属くず
  • 産業廃棄物
  • 廃プラスチック
  • ガラス陶磁器くず

引取品目

蛍光管

スタッフから一言

こんにちは、営業部の大橋です。

今回は建築工事を行う会社より排出される産業廃棄物のご紹介を致します。

今回引き取りを実施させて頂いたのは蛍光管です。産業廃棄物の品目で言いますと廃プラスチック類、金属くず、ガラス陶磁器くずになります。

お客様は事務所の蛍光管が切れてしまい、交換するので古くなった物を処理したいとの御相談でした。蛍光管には水銀が含まれています。なので処理する際もよく気を付けなければいけません。蛍光管以外の廃プラスチック類や金属くず、ガラス陶磁器くずに混ぜることはできません。当社は蛍光灯を処理できる処理ルートがございます。なのでその処分場で処理ができますのでその旨をお客様にお伝えし、ご了承を頂き引き取り実施の運びとなりました。

引き取り時、蛍光管はドラム缶や段ボールに入て割れないようにしなければなりません。お客様先にドラム缶などはございませんでした。当社のドラム缶をお貸しし引き取りを実施させて頂きました。

今回の様に様々な産業廃棄物に対応する事が出来ます。

同じ事柄でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お客様の声

「引き取ってもらえて助かります。」


よろしければシェアお願いします

2019年7月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP