プラスチック成型会社から排出された産業廃棄物

出張地域

埼玉県行田市

お客様の業種

製造業

提供サービス

  • 産業廃棄物
  • 廃プラスチック

引取品目

廃プラスチック

スタッフから一言

こんにちは、営業部の大澤です。

今回ご紹介させていただきます事例はプラスチック成型をしているお客様より排出されました、産業廃棄物の処理についてです。ものは廃プラスチック類です。お客様は今までプラスチックは有価物で出していたということでしたが、そちらの引き取り業者さんから、今後はもう有価物では取り扱うことが出来ないといわれてしまったそうで、どこか処理できるところをということで今回御相談いただきました。当社で実施する場合は産業廃棄物の廃プラスチック扱いでの処理になることをが前提で費用がかかることをまずお伝え致しました。

処理にはなりますが、リサイクルルートの燃料向けでの処理になるので、埋立向けよりは安く処理できます。しかしお客様は今まで買取をしてもらっていたので、処理に費用がかかるとなるとやはり難しい顔をしておられました。廃棄物処理が厳しくなってきている現状、今後のことを考えると処理のルートも確立しておいたほうが良いのではとお伝え致しました。

お客様の声

持っていってもらえなくなっちゃって。。。


よろしければシェアお願いします

2019年10月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP