事例紹介~木くず:木箱~

こんにちは、クロモラッツです。

今回は木くずの事例紹介をさせて頂きます。

永くお取り引き頂いているお客様より、仕入の方法が変わって、木くずが出るようになったとのご連絡がありまして、さっそくお邪魔いたしました。

原料や資材を海外より輸入するときに使用された木箱を解体した木くずだそうです。

「一般的な木製パレットとは違うし、どうすればいいのか不安で・・・」とお客様。

 

たしかに木パレとは異なるものですが、いろいろと材質や不純物の有り無しを確認しまして、

釘や金具以外は木材100%と確認できましたので、こちらは比較的安価に処分ができる木くずのリサイクルチップ化に特化した処分場へ搬入する方向でお話いたしました。

当社は木くず1つとっても、チップ化のルートあり、焼却のルートありと多種多彩ですshine.gif

皆様も悩む前にまずは、当社までお電話くださいshine.gifshine.gif

それでは、今回はこの辺でnezumi02.gif


よろしければシェアお願いします

2016年6月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP