グラスウール製品の製品廃棄

出張地域

埼玉県寄居町

お客様の業種

グラスウール製品・製造業

提供サービス

  • 金属くず
  • 産業廃棄物
  • 廃プラスチック
  • ガラス陶磁器くず

引取品目

混合廃棄物 (廃プラスチック類・ガラス陶磁器くず・金属くず)

スタッフから一言

こんにちは、営業部の黒須です。

今回はグラスウール製品の製品廃棄について、ご紹介させて頂きます。

日頃より梱包のビニール類や段ボールを回収させて頂いているお客様より、製品廃棄のご相談を頂きました。

お話を伺ったところ、エンドユーザー様との調整の不具合により、大量の製品廃棄が出てしまったとのこと。場所ふさぎでしかないので、早急に処理してほしいとのご希望でした。

下見におじゃましますと、被覆が付いた太めの針金で出来た枠の中に、グラスウールが詰まっていて、ナイロンのカバーが掛かっている、あまり見たことの無い製品が約200個保管されていました。

聞けば、こちらは各種製造メーカー様で騒音等の実験室において、吸音材として使用されるそうです。

お客様と調整し、廃プラスチック類・ガラス陶磁器くず・金属くずの混合廃棄物として契約手続きを進め、引取り時はパッカー車(ゴミ収集車)で製品を潰しつつ、一気に引取りを実施しました。

そのまま積んだのでは、トラックが何台にもなってしまいましたが、2台で済んだため、お客様もお喜びのご様子でした。

当社は保有車輌の種類が豊富です。それぞれのお客様に最適な車輌を手配いたします。

皆様も、お気軽にお問合せください。

お客様の声

「場所がいっぱいでどうにもなんなかったので助かりました」


よろしければシェアお願いします

2019年6月に投稿した小林茂商店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP